【全日本・国際】
国際大会・全日本チームの話題/海外リーグの話題 etc
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
13 / 19 ツリー ←次へ | 前へ→

【26】2005ワールドグランプリ女子大会 mitsui 05/5/18(水) 23:22

【30】Re:2005ワールドグランプリ女子大会 やじお 05/6/25(土) 23:42
【32】Re:2005ワールドグランプリ女子大会 mitsui 05/6/26(日) 1:22
【34】Re:2005ワールドグランプリ女子大会 こぶ(後藤) 05/6/26(日) 2:04
【35】Re:WGPブラジル戦 やじお 05/6/26(日) 22:39
【37】Re:WGPブラジル戦 ただ 05/6/27(月) 9:10
【41】Re:WGPブラジル戦 こぶ(後藤) 05/7/3(日) 2:26
【36】Re:2005WGP女子大会のチームの出来 みすたあ 05/6/27(月) 1:13
【42】Re:2005WGP女子大会のチームの出来 こぶ(後藤) 05/7/3(日) 3:11
【43】Re:2005WGP女子大会のチームの出来 みすたあ 05/7/3(日) 23:57
【44】Re:2005WGP女子大会のチームの出来 こぶ(後藤) 05/7/5(火) 23:02

【30】Re:2005ワールドグランプリ女子大会
 やじお  - 05/6/25(土) 23:42 -

引用なし
パスワード
   菅山選手や吉澤選手はリベロで召集されてるのに思いっきり
レフトででてますね。
いろいろ考えているようでおもしろいですね。
それにしても桜井選手はすごすぎる!
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; MSN 2.5; Windows 98)@acoska018231.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

【32】Re:2005ワールドグランプリ女子大会
 mitsui  - 05/6/26(日) 1:22 -

引用なし
パスワード
   ▼やじおさん:

始まりましたね〜。(^^)
昨日,今日の結果は2連勝!みたいですね。。。
“みたい”って言うのは、練習と仕事で結局どちらも見れてないんです。(^^;;;

☆★予選ラウンドA組★☆
【第1戦】
日  本3 25―16 0ポーランド
      25―15 
      25―17
-------------------------------------------------
  ブラジル 3―0 韓国

【第2戦】
日  本3 26―24 0韓  国
      25―14
      25―18
------------------------------------------------
  ブラジル 3―0 ポーランド

チラッと、ダイジェスト見ただけですが、それぞれみんないい動きでしたね。(^^)

>それにしても桜井選手はすごすぎる!

リベロですよね、桜井選手。
明日のブラジル戦は観れると思うので、注目したいと思います。(^^)
あと、杉山選手,大友選手,竹下選手,菅山選手,高橋選手,宝来選手も!
ほぼ全員が注目選手ですね。(^^)

               .。゜○・★ mitsui ★・○ ゜。.
<Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.1 (KHTML, like...@nthygo097057.hygo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

【34】Re:2005ワールドグランプリ女子大会
 こぶ(後藤)  - 05/6/26(日) 2:04 -

引用なし
パスワード
   観た。面白かったって、感想がないのが寂しいですね(^^;;。

 いやいや、面白いですよ。
 昨年までの140%くらいのバレーやってます。
 まず、進化しているのは、杉山、大友。
 杉山は、A→Bのひとり時間差を始め、攻撃力もアップですが、よくなったと思ったのがブロック。低くて速いサーブも健在。
 大友は、パンチ力があがりました。躍動感すら感じます。ライトポジションに入っていますが、前衛ではセンターで機能することが多いですね。ライトポジションにはいるのは、ブロードで移動した後くらいでしょうか。バックアタックも十分な破壊力で、レシーブの頑張りも見逃せない。あえていうならスーパーセンター(笑)。
 宝来の高さも魅力。彼女はこれくらいできるだろうという感じはありましたが、今まで以上にやる気を感じます。もう少し躍動感というか、パンチ力があるということないんですけど‥‥。
 吉澤、菅山、桜井‥‥。
 低身長ながら、第1戦では吉澤が頑張っていると感じました。高いブロックに若干のとまどいもあったようですが、すぐに対応できてましたね。
 それ以上にすごかったのが菅山。もともとはJTのレフト、今季はリベロで、レシーブ賞。身体能力の高さが、彼女の魅力ですが、予想以上の大活躍です。
 スパイクは、とにかく助走とジャンプが速く、韓国がとらえきれないでいました。さらにレシーブでは、ファインプレーの連発。桜井と2枚後ろにいると、つながるつながる。ブロックでも、十分な体制で跳べているときにはメグカナなみに止めています。
 桜井もすごいすごい。もともとサーブレシーブは、リーグでも1,2位というレベル。横っ飛びのスパイクレシーブに、顔の前の強打もなんなくあげます。さらに元気元気(笑)。相手のサーブがミスったとき、コートの中で加速してます(笑)。
 竹下のトス回しは、また速くなりました。特に、菅山が後衛にいるときのレシーブからのコンビネーションは、間違いなく世界一です。JTのリベロセッターコンビですが、菅山は、相手のスパイクボール・強打をぽーんとネット際に‥‥。普通なら無理、セッターが追いつかないと思うような球出し。そこにそれを予測した竹下がスパーンと、ボール下に入って、すんと平行トス。それを打ち切ってしまうのですから。
 高橋は、サーブが安定したという印象以外は、いつも通り、うーん、打つ方は少し落ちているかも‥‥。ここ一番は決めてますが、ちょっともの足らないですね。

 個人的には、このメンツに熊前が絡んだら、オーソドックスな部分と、今回の進化した部分がうまく融合するというイメージがあります。

 あえて、指摘すれば、ここまでのところ、サッカーの大黒のようなスーパーサブがいないというところでしょうか。(菅山がそうだったといえばそうなんですけど)

今日のブラジル戦が楽しみです。
 
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; i-NavFourF; .NET CLR 1...@ntaich136054.aich.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

【35】Re:WGPブラジル戦
 やじお  - 05/6/26(日) 22:39 -

引用なし
パスワード
   見ました。
面白かったです。
部屋でひとりでガッツポーズ連発してしました。
テレビ局も菅山さんにとびついたようで、アップ連発ですね。
なんにしてもバレーが盛り上がるのはよいことです。
今回の快進撃の一番の要因は桜井選手のレシーブじゃないでしょうか?
つくづくディフェンスの大切さを思い知らされます。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; MSN 2.5; Windows 98)@acoska018231.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

【36】Re:2005WGP女子大会のチームの出来
 みすたあ  - 05/6/27(月) 1:13 -

引用なし
パスワード
    「プレーヤー」会議室にしようか迷いましたが、こちらでお願いいたします。

 100Q入魂「Q&A11」にも解説されているとおり、ディフェンスとはブロックとレシーブの総合力である、と。ブロックの出来がよければディグも助かるだろうということは、観戦だけのファンである私にも理解できます。たとえ止めたりワンタッチできたりしなくても、きちんとした壁を作れればスパイクコースも限定されるのでしょう。

 さて、今般のワールドグランプリ大会の全日本チーム(見たのはテレビでの3試合だけですが)は、去年の全日本チームと比較してみると、柳本監督が掲げる「変化とスピード」というテーマのとおり、多彩な攻撃を発揮しているようです。それを支えているのがレシーブで、特に櫻井さんや菅山さんあたりがとても良くて、それが多彩な攻撃に結びついているのだろうと思いました。
 で、ここで前段に書いたことを思い出してみると、もちろんレシーバー自身のパフォーマンスも素晴らしいですけれど、ブロックがまた良いのではないか?と思ったところです。具体的には、オポジットに前年までの高橋さんに代わり大友さんが入ったところがミソなのではないかと。ローテーションの半分だけであっても、ミドルブロッカー(宝来さん/杉山さん)と大友さんが並んでブロックするのはかなり効果的なように思いました。
 前年チームより平均身長は低くなったらしいですが、ミドルブロッカーとオポジットだけで見れば(というのも強引かも知れませんが)逆に高くなっており、これがアウトサイドプレーヤーのディグをかなり(「かなり」というのも漠然としていますが)助けているのではないかと思うのですが、如何でしょうか?
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.5))@61-199-185-201.catvy.ne.jp>

【37】Re:WGPブラジル戦
 ただ  - 05/6/27(月) 9:10 -

引用なし
パスワード
   ども。

 日本チームは格段にレベルアップしたように見えます。強くなりました。
でもやはり、ブラジルのほうが格上かな。
 土壇場でワンカットで切れる能力と、土壇場でセッター・ライトの二枚換えができる層の厚さ。最終セット13点で、あと6ローテ分、セッターを前衛から排除できるのは、ある意味普通の戦略ですが、それが普通にできるところがブラジルの強いところではないでしょうか。
 大友のサーブミスなんて、ワンカットで切って取り返せば全くたいしたことではありません。竹下が前に上がった瞬間にワンポイントブロックじゃなく、竹下・大友>**・板橋ができる層の厚さがほしいですね。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NE...@rungw004.ritsumei.ac.jp>

【41】Re:WGPブラジル戦
 こぶ(後藤)  - 05/7/3(日) 2:26 -

引用なし
パスワード
   ▼たださん:
>でもやはり、ブラジルのほうが格上かな。
 高さと攻撃の幅は確実に格上ですね。

>土壇場でセッター・ライトの二枚換えができる層の厚さ。最終セット13点で、
>あと6ローテ分、セッターを前衛から排除できるのは、ある意味普通の戦略で
>すが、それが普通にできるところがブラジルの強いところではないでしょうか。
 男子では普通ですが、女子では珍しいようにも感じます。
 他の戦略を見ても、非常に男子的ですね。

>大友のサーブミスなんて、ワンカットで切って取り返せば全くたいしたこと
>ではありません。
 普通の試合ではそうですね。
 それだけ、いっぱいいっぱいであそこまでこぎ着けたというところに、ブラジルの遅延行為もどき??(テレビでは大友しか映っていなくてよくわからない)、異常なほどの観客の声援(ミスった時のため息を増幅)。
 心理的には、大きな打撃だったと思います。もちろん、場面的にも今までの努力を無駄にしないためにも、もう一度、平常心で頑張るべきところではありましたが、なにか、大きな手を打てないと、厳しいところでした。
 なんとも、残念ではありましたが、何が必要なのか、自分たちを見つめ直す大きなきっかけになるのではないでしょうか。

>竹下が前に上がった瞬間にワンポイントブロックじゃなく、竹下・大友>**・
>板橋ができる層の厚さがほしいですね。
 同感ですが、「**」をどうするかですね。若干非力とはいえ、大友にはバックアタックもありますし‥‥。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; i-NavFourF; .NET CLR 1...@ntaich024205.aich.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

【42】Re:2005WGP女子大会のチームの出来
 こぶ(後藤)  - 05/7/3(日) 3:11 -

引用なし
パスワード
   ▼みすたあさん:
>ブロックの出来がよければディグも助かるだろうということは
 竹下が下がったときは、最高ですね。
 といいつつ、竹下も健闘しています。興味深いのは、竹下がセンターで跳ぶことがあるという点です。
 セッターセンターって、低いレベルではよくありますし、相手のセンターがたいしたことなければ、大学男子でもワンポイントとして用いることがありますが、国際レベルでは始めてみました。
 結果として、真ん中あたりにディグがあがれば、両サイドの速い攻撃で切り返せるというメリットが出てきていたように感じました。
 本日の韓国戦の大詰めでは、両サイドに速い攻撃と思わせた瞬間に、大友のパイプ(センターからのバックアタック)。ノーマークで気持ちよく決まりました。韓国の息の根を止めましたね(笑)。

>>たとえ止めたりワンタッチできたりしなくても、きちんとした壁を作れれば
>>スパイクコースも限定されるのでしょう。
 ブラジル戦では、ブロックが分断される場面が多々見られました。あのレベルの高さと幅、スピードにどれだけ対応できるようになるか、キーポイントになりそうです。
 韓国のセンター(名前がわからない)の選手(のひとり)、いいですよね。完全にリードブロックで、日本の攻撃に対応していました。あのレベルのブロックができれば、トップ3に迫れます。

>多彩な攻撃を発揮しているようです。それを支えているのがレシーブで、特に
>櫻井さんや菅山さんあたりがとても良くて、それが多彩な攻撃に結びついてい
>るのだろうと思いました。
 やじおさんも書かれていましたが、ディフェンス能力の重要性をあらためて認識させられますが、すごいのは、ただ、レシーブがあがるというレベルではなく、攻撃、コンビに結びつくディグが非常に多いことです。
 個人技(レシーブ力・ブロック力)が、攻撃へ組織的に対応できているのが、今回の全日本女子の最大の魅力であり、武器であるように感じました。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; i-NavFourF; .NET CLR 1...@ntaich024205.aich.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

【43】Re:2005WGP女子大会のチームの出来
 みすたあ  - 05/7/3(日) 23:57 -

引用なし
パスワード
   ▼こぶ(後藤)さん:
>興味深いのは、竹下がセンターで跳ぶことがあるという点です。
>国際レベルでは始めてみました。
  ありましたですね。私はあっさりと、そういうこともあるのかと思っていましたが、トップレベルでは珍しいことなんですか。ということは意図してやっているということですね。ストレートを閉めて、櫻井さんらのディグに期待し、竹下さんは中央に位置していて両サイドの速い攻撃を狙う・・・という解釈でよいのでしょうか?
  でもやはりハニーフ選手やあの左利きの凄い選手がいるアメリカ相手では、ブロックの低いところをズドンと抜かれると、苦しかったですね。


>やじおさんも書かれていましたが、ディフェンス能力の重要性をあらためて認識させられますが、すごいのは、ただ、レシーブがあがるというレベルではなく、攻撃、コンビに結びつくディグが非常に多いことです。
>個人技(レシーブ力・ブロック力)が、攻撃へ組織的に対応できているのが、今回の全日本女子の最大の魅力であり、武器であるように感じました。
  そういえば確かに、アテネ組の時に比べて、竹下さんが乱れたボールを追いかけて慌てて駆け回るシーンが少なくなったような気がします。


>ブラジル戦では、ブロックが分断される場面が多々見られました。あのレベルの高さと幅、スピードにどれだけ対応できるようになるか、キーポイントになりそうです。
>韓国のセンター(名前がわからない)の選手(のひとり)、いいですよね。完全にリードブロックで、日本の攻撃に対応していました。あのレベルのブロックができれば、トップ3に迫れます。
  こちらが得意のコンビで翻弄したかと思ったら、うまくついてきてブロックに引っ掛ける韓国選手が、いました、いました。
  100Qの13や某「へりくつ」などを読むと、基本はリードブロックであり、コミットというのはリードブロックの一場面でしかないのでは?と思うようになりました。リードに必要な観察力や判断力、反応速度、ステップワーク、高さ、それらが足りない場合にコミットにならざるを得ないのだろう、とまぁこれは観専ファンの勝手な解釈ですが。いずれにせよ、高さ以外は正しい訓練で向上できるものだろうと思いますので、期待します。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.5))@61-199-185-201.catvy.ne.jp>

【44】Re:2005WGP女子大会のチームの出来
 こぶ(後藤)  - 05/7/5(火) 23:02 -

引用なし
パスワード
   ▼みすたあさん:
>トップレベルでは珍しいことなんですか。
 レフト側に移動することは、特に男子ではよくあります。

>ストレートを閉めて、櫻井さんらのディグに期待し、竹下さんは中央に位置し
>ていて両サイドの速い攻撃を狙う・・・という解釈
 おっしゃるとおりだと思います。今までよりも、クロスのレシーブを戦略的に活かそうとしている。ブロックとからめてという意味でも、竹下のマイナスをあわよくばプラスにという意味でも、面白い試みです。
 ただ、当然のことながら、センターからの速攻、バックアタックのパイプには、ほとんど無力状態ですから、両刃の剣であることには違いありません。

>でもやはりハニーフ選手やあの左利きの凄い選手がいるアメリカ相手では、
>ブロックの低いところをズドンと抜かれると、苦しかったですね。
 あるレベルまでは通用しても、それ以上には‥‥といったところです。

>そういえば確かに、アテネ組の時に比べて、竹下さんが乱れたボールを追いか
>けて慌てて駆け回るシーンが少なくなったような気がします。
 韓国シリーズでは、桜井のレセプションがほとんど短くて、相当苦労してました。縦のクイック・ブロードでなんとか組み立てようとしてましたけど、限界があります。
 あいてのリードブロックが少し遅れれば、菅山の決定率も維持できたのでしょうけど、しっかりつかれると、菅山でもしんどいですね。
 アメリカ戦の後半は、菅山を守りのワンポイントとして使うことが多かったですが、1回しか使えないメンバーチェンジでは、あまり効果がなかったように感じます。

>100Qの13や某「へりくつ」などを読むと、基本はリードブロックであり、
>コミットというのはリードブロックの一場面でしかないのでは?と思うように
>なりました。
 たしかに女子でも、世界のレベルはリードブロックに移行し始めていますが、男子でもコミットとの併用の仕方は様々なようです。
 通常はリード、勝負所ではコミットという使い分けが多いようです。
 全日本は、男子も女子も使い分けがよくわかりません。
 ある程度、優位というか、ついて行ける状態でないとリードブロックは効果が出ませんから、難しいところです。

>リードに必要な観察力や判断力、反応速度、ステップワーク、高さ、それらが
>足りない場合にコミットにならざるを得ないのだろう
 正しい解釈だと思います。

>いずれにせよ、高さ以外は正しい訓練で向上できるものだろうと思いますので、
>期待します。
 大切なのは、相手の攻撃イメージをどれだけ、それ以上のイメージで守れているのかだと思います。
 まぁ、それが、「リードに必要な観察力や判断力」ということになるんですけど。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; i-NavFourF; .NET CLR 1...@ntaich024205.aich.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
13 / 19 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
12,333
(SS)C-BOARD v3.8 is Free